シングルマザーが経済的余裕を目指すブログ

株式投資に株主優待、ふるさと納税、その他…こちょこちょしてプラスαの生活を楽しんでます

ANAホールディングス(9202)から株主優待が届きました 後日カレンダーも 2016.9

JAL派とANA派があるかと思いますが、私はJAL派です。JALの株も持っていたのですが、2010年に上場廃止になり、株券が紙くず(厳密には、株券が電子化により手元に株券はなかったのですが)になってしまいました。わずか2年7カ月で再上場となり元株主としてはなんとも言えない気分ですが、今回は、ライバルのANAの株主優待をご紹介します。

  

ANAホールディングス(9202)の株主優待は、株主優待番号ご案内書(片道普通運賃50%割引券)とANAグループ各社・提携ホテルご優待クーポン券

f:id:fme80:20161124214156j:plain

9月権利の銘柄です。保有株数によって、株主優待番号ご案内書の枚数が変わります。

f:id:fme80:20161124215611p:plain

f:id:fme80:20161124215746p:plain

ANAグループ 株主優待ご案内より

ANAホールディングスの株価は1株315.7円です。(2016年11月24日終値)
1単元は1,000株となりますので、株主優待をもらおうと思ったら、最低1,000株は持っていなくてはならないので、315.7円×1,000株で315,700円になります。優待は年2回で、3月と9月が権利確定月です。

配当金は、1株6円が1年に1回予定です。配当利回りはまぁまぁの2%弱です。日本航空(JAL)の方が、配当利回りは良いです。

 

まとめ

株主優待番号ご案内書は飛行機を乗る予定がなければ、金券ショップやヤフオクで売ることができます。また、流動性が高く、必ず売れます。

飛行機を利用する場合でも、便の変更やキャンセルが無料、時間帯での値段変動がない、フライト当日でも空席があれば利用可能などの利点があります。事前に必ず飛行機に乗る日時が確定しているのであれば、特割の方が安いですが、株主優待番号ご案内書の利用ですと、変更やキャンセル、直前の予約など融通が利きますので、使い勝手が良いです。

 

後日、カレンダーも届きました

f:id:fme80:20161201231225j:plain

 

f:id:fme80:20161201231247j:plain

このカレンダー大きくて、風景がキレイで、飾っているだけで、ええとこの家になりますね。

 

 

以下、9月権利確定月の取得した銘柄をご紹介します。 

www.fme80.com