ふみこの優待プラスα日記

株式投資に株主優待、ふるさと納税、その他…こちょこちょしてプラスαの生活を楽しんでます

TOKAIホールディングスの優待をTLCポイントにするとポン活やウエル活、マイルにも!

TOKAIホールディングスの選べる優待は、クオカードやお水を選択する方が多いと思いますが、実はTLCポイントが最強じゃないのかなと思い、実践してみました。

 

ただし、TLCポイントがもらえる「TLC会員サービス」は会員になるのに条件がありますので、条件を満たしているのであればお得という前提になります。

 

また、ドットマネーの会員登録(アメブロの方だったらamebaでログインできます)も必要となります。

 

 

TOKAIホールディングスの優待については下記をご覧ください。 

www.fme80.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

TOKAIホールディングスの選べる優待はTLCポイントを選択

TLCポイントがもらえる「TLC会員サービス」は、TOKAIホールディングスの対象サービスに契約している方に限られます。

f:id:fme80:20190301193126j:plain

 

 

私はLIBMOを契約しているので、とりあえずカードを発行しました。

f:id:fme80:20190301193223j:plain

要するにWAONカードですね。

 

 

TLCポイントを使えるようにする

まずは、カードが届いてからTLCポイントの会員登録を行います。

 

TLCポイントのサイトから【本登録】をクリック

f:id:fme80:20190301193532j:plain

 

 

メールアドレスを入力して【送信】をクリック

f:id:fme80:20190301193602j:plain

 

先ほどのメールアドレスに本登録のご案内が届きますので、URLをクリック

f:id:fme80:20190301193650j:plain

 

 

会員情報を入力していきます。

f:id:fme80:20190301193735j:plain

ここで、届いたWAONカードの番号が必要になるので、WAONカードが届いてからでなければこの作業ができません。

 

 

入力した内容を確認して、

f:id:fme80:20190301193859j:plain

【登録する】をクリックすると、 

f:id:fme80:20190301194051j:plain

本登録完了と出ますので、【会員ページへ】をクリックすると、会員メニューになり、登録完了です。

 

 

TLCポイントをドットマネーに交換

TLCポイントのままでは、使い道がなさそうなので、ドットマネーに交換します。

 

【ポイント交換】をクリックして、

f:id:fme80:20190301194203j:plain


ポイント交換メニューで【ドットマネーへ交換】をクリック

f:id:fme80:20190301194401j:plain



100TLCポイントが100マネーに等価交換です。

f:id:fme80:20190301194503j:plain

【交換はこちら】をクリック

 

今回は新規登録特典?で300TLCポイントも付与されましたので、とりあえず全ポイントをドットマネーに交換しました。

f:id:fme80:20190301194519j:plain

【確認画面】をクリック。

 

 

交換完了しました。

すぐには反映せず、交換まで1~3日かかります。

f:id:fme80:20190301194709j:plain

 

 

 

ドットマネーで交換できるもの

 ドットマネーはいろいろなものに交換できます。

f:id:fme80:20190301204050j:plain



 

素直に現金化

等価で銀行に振り込まれます。(手数料無料がすばらしい!)

f:id:fme80:20190301201719j:plain


 

 

Amazonで買い物する人

Amazonギフト券に交換すると、ほんのちょっとだけですがお得に交換できます。

f:id:fme80:20190301202120j:plain

 

 

Tポイントでウエル活

ウエル活とは、毎月20日にウエルシアという薬局でTポイント払いにすると1.5倍分買い物ができるというものです。

ウエルシア活動 → ウエル活 です。 

www.fme80.com

 

ウエル活をするには、Tポイントがなければ意味がありません。

 

ドットマネーから等価でTポイントに交換できますので、 1,000TLCポイントが1,000ドットマネーになって、1,000Tポイントになるということですね。

f:id:fme80:20190301202508j:plain

1,000Tポイントをウエル活で使うと1,500円分のお買い物ができますね!

 

 

 

ポン活も!

ポン活とは、ローソンのポイント「Ponta」を利用して、少ないポイントで商品に交換できることです。

ポンタ活動 → ポン活 ですね。

 

リクルートポイントは簡単にPontaへ等価で交換できますので、Pontaでポン活する場合はリクルートポイントに交換してからPontaに交換します。

f:id:fme80:20190301202847j:plain

 


また、ローソンのポン活は、Ponta以外にドコモdポイントでも商品に交換することができますので、dポイントに交換してもいいですね。

f:id:fme80:20190301203015j:plain

 

 

 

nanacoで税金を払う

セブンイレブンで税金がnanaco払いにできるので、nanacoポイントに交換して、nanacoにチャージすると、優待で税金を払えちゃいますね。

f:id:fme80:20190301210311j:plain

 

 

JALマイルに交換

ポイント数が半減してしまいますが、JALマイルにも交換可能です。

1マイルの価値を何円にするかは、使い方次第ですので、ポイント数が半減しても結果的には価値を上乗せして使用することも可能ですね。

f:id:fme80:20190301203253j:plain

 

 

ANAマイルに交換

JALマイルは半減でしたが、ANAマイルはさらに少なくなります。

f:id:fme80:20190301203433j:plain

 

 

上級者向け:ANAマイルを0.648掛けで交換(+40Ponta)

ANAマイルといえば、以前まではドットマネーからソラチカルートというのを経由してANAマイルに0.9掛けで交換できたのですが、2018年3月末でそのルートは閉鎖されてしまいました。

その後、LINEポイントからのソラチカルートが開拓され、今ではそのルートが主流となっています。

 

要するにLINEポイントにしてしまえば、そのあとはソラチカルートに乗せるとポイントの価値が大きく下がることなくANAマイルにできてしまうのです。

 

ドットマネーからLINEポイントにするには、直接交換ができませんので、リクルートポイント→Pontaを経由してLINEポイントにします。

 

その後は陸マイラーにはおなじみのLINEポイント→東京メトロポイント→ANAへ交換となります。

 

PontaポイントからLINEポイントへ交換する際は0.8333…掛けに。

LINEポイントから東京メトロポイントへは0.9掛け。

東京メトロポイントからANAマイルへは0.9掛け。

 

なので、結果的には0.648掛けでANAマイルにすることができます。

また、PontaからLINEポイントにする際に、120Pontaポイント→100LINEポイントになりますので、ここで優待でもらった1,000ポイント全てを使うことができず、40Pontaポイントが余ることになります。

 

図にするとこんな感じです。

f:id:fme80:20190301205312j:plain

 

これは、ほんと上級者向けですね…

 

 

 

まとめ

TOKAIホールディングスの株主優待をTLCポイントにして、さらに価値を上乗せする方法をご紹介しました。

 

で、私はどうするかというと…

やっぱり上級者向けのANAマイルですかね。

 

もし、クロス病の方で、スマホはandroidで「ANAマイル貯めていないよ」という方がいらっしゃれば(かなり限定w)

GooglePlayギフトコードに交換して、くまさんの一般信用残数管理アプリをTOKAIの株主優待で賄うという技も使えますね。

f:id:fme80:20190301205735j:plain